代表挨拶 斎東亮完

わたしたちの教育事業の「究極目標」は、
聖徳太子の夢でもあった「弥勒の世」(世界平和)の実現です。

弥勒の世とは、仏教用語ですが、簡単に言うと、世界平和や地上天国といった理想社会の実現と表現できます。

それは決して、儚い夢ではなく、第4次産業革命と呼ばれるようなテクノロジーの進化により、 水も、食糧も、エネルギーも、お金も、フリー(無料)となることが、2030年代〜40年代には可能となっています。

資源を奪い合う必要がなくなり、 殺戮戦争も、貧困もなくなることが、物質的には可能になります。

物質・テクノロジーだけでなく、 教育ルネサンス(精神文明ルネサンス)によって、 人々は、比較・競争・争奪の必要もなくなり、 相互リスペクト、相互協力を行っていくことが可能になります。

それは、
「アドラーの唱えた共同体感覚」
「コヴィー博士の唱えたシナジーの奇跡」
「聖徳太子の唱えた和をもって尊しとなす」
を実現し続けている状態です。

テクノロジーの進化による物質文明だけでなく、
教育事業によって精神文明も開花され、

聖徳太子など、歴代のリーダー達の夢でもあった「弥勒の世」(世界平和・理想社会)を実現していくことが、可能だと念っています。

それが、わたしたちルネサンスジャパン(プロデュース・チーム)の究極の夢でもあります。

 

 

 

斎東亮完について
人生をかけて取り組むテーマ(ミッション・使命)を プロデュース支援する「ミッション・プロデューサー」 10万部を超えるベストセラー作家や、自社ブランドを代 表する10年以上続くロングセラー商品開発など、教育 事業における新時代のリーダーを育成・支援している。
「7つの習慣®︎」を日本に広めたジェームス・スキナー氏の 事務所創業期のマーケティングマネージャーを務め、教育事業の プロデュース活動を開始。 プロデュース業に携わった約20年で、3000人以上のミッションに 基づく事業プロデュース実績が評価され、「7つの習慣®︎」を 世界160カ国に展開するフランクリン・コヴィー日本法人から直接 依頼を受け、一般社団法人「7つの習慣アカデミー協会」を創立。 世界160カ国の中で、世界初となる「個人向け認定制度・育成制度」 をプロデュース。認定ファシリテーター、認定コーチ、認定コンサ ルタントを育成。 プロデュースチームのミッションは、100年、1000年を超えて 継承される「人類の知的遺産」の教育事業プロデュースであり、 その活動を通じて、日本と世界のルネサンスに貢献すること。
ビジネスプロデュース協力の紹介